FC2ブログ
悠学舎・児童館スクールの塾生への応援メッセージです

「映画監督。新藤兼人」
 昨日映画監督新藤兼人さんが亡くなられました。
ついこの間100歳の誕生日を迎えられ、確か次回作のお話をされておられ、すごい生命力だなと驚いた記憶があります。
数々の挫折を乗り越えてこられた監督の、生き方そのものが我々に強烈なメッセージを与えてくれますが、
折に触れ語られる言葉にも胸をうつ物がありました。

 「僕の強みは挫折を繰り返してきたこと。絶望から這い上がると、必ず何かを獲得しているのだ。」
その結果生まれてきた言葉だと思うのですが、「僕が若い人に言いたいのは、駄目だと言われたときに、自分で自分を負けに追い込むようなことを言わないで欲しい。」

私も監督の不屈のファイトをお手本に、この言葉を胸に100歳まで頑張っていきたいものです。
 心よりご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © 塾長日誌. all rights reserved.